Hidenori Tanaka 田中秀典

Compose / Lyrics

多数の作品に携わる作詞/作曲家。

幼少期は絵を描くことが得意で漫画家に憧れていたが、のちに映画やTVゲームのBGMから音楽と出会う。10代から作詞作曲を始め、20歳でシンガーソングライターとしてデビュー。6枚のシングルと2枚のアルバムをリリース。

2007年agehasprings加入、ジャンルにとらわれない振れ幅のある感性を活かし、Aimer、SCANDAL、三浦大知、関ジャニ∞をはじめ、寿美菜子、夏川椎菜等の声優アーティストや、あゆみくりかまき、OnePixcel等のアイドルユニット等、多数のアーティスト作品・CM曲に作詞家・作曲家として携わる。近年では作詞・作曲のみならずプロデュースも精力的に行っており、井上苑子の作品ではプロデュース・作詞・作曲までを手掛けた。また、映画『キャッツ』では日本語歌詞の監修を行う。

アーティストとのコラボレーション楽曲(共作)も多く、少女時代やEXO、SHINee、Red Velvet、SUPER JUNIORなど海外アーティストへの日本語歌詞にも定評がある。また菅田将暉の作品をはじめ、ボーカル・ディレクターとしても携わるなど活動の幅を広げている。

最新のニュースはこちら

News:

Works:

前へ戻る

次へ進む